トップ / インプラントの失敗談とは

インプラントの失敗談とは

インプラントの治療

インプラント

インプラントのメリットは

歯が抜けてしまったら入れ歯やブリッジとなりますが、噛む力や手入れなどを考えるとインプラントには敵いません。歯茎に土台となる金属を手術によって埋め込み、数ヶ月定着させてから切開し、頭出しをして接合部分のアバットメントを取り付け、上に義歯を被せます。日帰り手術で行なうので入院の必要もありません。色目も合わせますので、見た目は自然でまったくわかりません。硬いものはもちろん、おもちのような粘りのある物も問題なく食べられ快適です。

医療で使われるインプラントとは

インプラントとは、体内に埋め込む医療機器のことをいいます。わかりやすく例に挙げてみましょう。心臓の機能を助けるためのペースメーカーや耳に埋め込む人工内耳などがあります。また、歯を失った場所のあごの骨に埋め込む人工歯根を行う歯科治療もそれに当たります。美容整形の一つである豊胸はシリコンバックを体内に挿入して胸の形を整えます。近年は、より高機能のものが開発されています。私達を陰ながら助ける心強い働きをしています。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯を失った場合の歯科治療. All rights reserved.