トップ

歯を失った場合の歯科治療

歯を作る歯科治療

インプラント

歯科インプラントとブリッジ

歯を失った場合、その機能を取り戻すために歯科治療にはいくつかの選択肢があります。その中でインプラントとブリッジでは、どのような違いがあるのでしょうか。インプラントとは、歯が失われた部分の骨に人工の歯根を埋入して、自分の歯と同じように噛めるように機能を回復させる治療です。審美的にも自然にできますが、自費診療となるため高額になります。ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台にして橋渡しをするような冠を被せる治療になります。保険で治療できますが、審美的な面や材質をより良いものにするには自費診療になります。短期間で治療ができますが、土台となる歯を削らなければならないというデメリットもあります。いずれも、歯科医院で良く説明を受け納得してから治療法を選択することが重要です。

インプラントとブリッジ

歯科では、歯を欠損した場合における治療方法がいくつかあります。インプラントは、失った歯の部分にネジを埋めてそこに人工歯を取り付けることで、見た目がよく天然の歯のような感覚で物を噛めるようになり、ブリッジは失った歯の両隣の歯を削って橋渡しをするように人工歯を入れて欠損を回復する物で、見目が良く安価という違いがあります。しかし、インプラントは治療費が高く、ブリッジは健康な歯を削るというデメリットが存在し、そのほかにも入れ歯で欠損部分を補う方法を歯科では行っています。それぞれの方法にメリットデメリットがあるため、自分に合った治療方法で治療することが大切になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯を失った場合の歯科治療. All rights reserved.